« Prev. | Index | Website | Next »

華月、追悼

2005年10月31日

五年目です。

人が、人として生き続けるためには
嫌でも時間の経過なるものと共に
歩み続けなければならないの。
あれから私、五年の間に、
たくさんのものを失ってしまった。

時間に逆らえない
心の中は変わらぬ 素敵な大人に、なれませんでしたよ。

つまんないことだね。

あの子だけが時間を止めてしまった。
彼は、おとなになることを颯爽と拒否した十九歳なんです。

七回忌も、十回忌も、嘆くのは、
多分、彼を失った事じゃなくてさ
つまらないおとなになってしまった自分のふがいなさと
それでもつまらないおとなになりきって
全て割り切ることも、結局出来ない自分の惨めさ、なんだろうよ
それを思い出すのが、十月三十一日、午前九時。

生きていれば24歳だそうですよ。


というわけで、毎年やってる表のあれですが。
うるさいのは今日だけですから、聴いて。

黙祷。

Posted:藤汰ゆき(仮) : 2005年10月31日 22:23


Comment

Trackback

Trackback url :
http://www.xxice09.x0.com/blog/mt-tb.cgi/151

TOPページを開きます